読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスシューズの選び方とおすすめ

人気モデル、おすすめのシューズなど、テニスシューズの選び方を解説します。

テニスシューズの選び方、おすすめ、人気モデル。

初めてテニスシューズを買う方、テニスシューズを買おうとしているけど何を選んだらいいか分からない方、そんな悩み・疑問を持っている方へテニスシューズの選び方をご説明します。

自分に最適なシューズを選んで、テニスのレベルアップをしましょう!

コートに合わせて選ぶ

砂入り人工芝オムニコート)・クレーコート

砂入り人工芝オムニコート)は日本では最もポピュラーなコートです。海外では普及していないコートでもあります。人工芝に砂が混じっており、それなりに滑るコートです。ちなみに「オムニコート」は住友ゴム工業/住友ゴム産業の商品名です。

砂入り人工芝は雨に強いのが特徴で、日本の気候に適したコートです。

ボールの反発力が少なく球足は鈍くなりますが、反面滑りやすいことも特徴です。そのため、グリップのきくシューズが適しているといえるでしょう。

クレーコート

クレーコートは土のコートのことです。学校のテニスコートや練習用のコートはクレーコートが多いです。

土のコートなのでバウンドの変化やコートの場所によってイレギュラーな動きをします。滑りやすいコートなので、オムニコートと同じくグリップのきくシューズがよいでしょう。

ハードコート

ベースがアスファルトのコートです。硬くて球足が早くなりバウンドも大きくなります。一方でイレギュラーな変化はしないため、安定したプレーをしやすいコートでもあります。

ハードコートは硬くてもともとグリップがきいており、シューズはむしろすべるくらいの方が膝や腰へのダメージがくらいの少なくなります。クッション性のあるシューズが適しています。

グラスコート

グラスは日本語で「草」の意味です。芝のコートをグラスコートと呼びます。最も有名な大会「ウインブルドン」がグラスコートなので、テレビで見たことのある方も多いでしょう。一方、日本ではあまり見かけることはありません。

グラスコートは球足が遅く、ボールも跳ねないことが特徴です。足への負担は少なく滑らないですが、芝の状態によって感覚が異なることもあります。

カーペットコート

インドアのテニスコートで使われることが多いのがカーペットコートです。

球足やバウンドの感触はハードコートグラスコートの中間くらいでしょうか。跳ねやすくもなく、滑りやすくもないです。

どんなシューズでもよいですが、オールラウンド用のシューズが適しているといえるでしょう。

選手で選ぶ

好きな選手でシューズを選んでみるのもよいと思います。

ノヴァーク・ジョコビッチ

アディダス ノバクプロAC

[商品スペック] ●アッパー : 合成繊維 ●アウトソール : ゴム底 [商品詳細] NOVAK PRO オールコート用。 ジョコビッチが自身初のATP世界NO.1を達成した際の実感を忘れることなく、「自らをNO.1にした史上最高のシューズはこれ」と履き続けているバリケード7モデルをリニューアルしたシグネチャーモデル。 BARRICADE7の際の「STATE-OF-THE-ART INNOVATION(最先端の革新)」としてのテクノロジー=スタビリティークロウにより、テニスコート上での最高の安定性と耐久性を実現した、ADIDASが誇る究極のテクノロジーを結集し、安定性と耐久性の代名詞となる詞となるベストモデル。

ラファエル・ナダル

ナイキ ルナバリスティック1.5AC

[商品スペック] ●カラー : (100)ホワイト/メタリックシルバー ●素材 : UPPER:人工皮革 MIDSOLE:合成樹脂(ファイロン+TPUシャンク) OUTSOLE:ゴム底(XDR) ●生産国 : 中国製 [商品詳細] 最高の耐久性とサポート性とクッション性を追求したエリートの為のモデル。 アッパーには高いサポート性を実現するダイナミックフライワイヤーを採用し、コートとの摩擦に対する耐久性を向上させる「DRAG-ON CAGE」を採用しつつ、新たに通気性を向上させた。 ミッドソールには軽量性とクッション性を高い次元で可能にした「ルナロン」フォームを搭載。 アウトソールには必要な部分にXDRを採用し最高の耐久性と充分なトラクションを両立。 オールコート対応モデル。

錦織圭

アディダス バリケード2016OC

商品紹介 履き心地がよく、反応性に優れたオムニ・コート用のバージョンでさらに自由になったバリケード。アッパー(甲)のデザインを一新し、フレキシブルなフォアフット(前足部)に加えてミッドフット(中足部)に安定したサポート性を持たせています。27cmで約385g(錦織圭選手 全豪着用予定カラー)(2015年12月発売)

ロジャー・フェデラー

ナイキ ズームヴェイパー9.5AC

ロジャー・フェデラー選手 全豪オープン着用モデル! 最高の軽量性と俊敏性を追求したエリートプレイヤーの為のモデル。 メッシュを使用したアッパーは今までのテニスシューズにはない、通気性と快適性を確保。 サイドのサポートパーツが足全体をホールドし、エリートプレイヤーが求めるフィットを実現。 ズーム<エア>を搭載し、衝撃吸収と次への1歩となる反発性を可能にしたシューズ。 ※プリント柄は1つずつ異なりますので、予めご了承ください。 オールコート対応モデル。

セリーナ・ウィリアムズ

ナイキ ウィメンズ・フレアAC

ナイキのオールコート用、レディースのテニスシューズです。セレーナ・ウィリアムズのシグネチャーモデルとなります。NIKE KOBE Xのようなネオプレーン素材のハイトップカフを採用したモデル。ハイトップカフはインナーブーティーと一体化して足の自然な動きをサポートし、クッショニングはドロップインミッドソール構造。アッパーの複合素材により通気性の確保と軽量化を実現。アウトソールは新たにマッピングされた重力分布を反映したものが採用されております。

アナ・イバノビッチ

アディダス アディゼロY-3 2016 OC

シューズの傑作Y-3が試合のペースを支配します。 ローランギャロスのクレイ・コートにランウェイ級のスタイルを持ち込むY-3。 パリに似合うルックスとともに、どんなショットに対してもプロレベルのパフォーマンスが行えます。

メーカーで選ぶ

テニスシューズのメーカーは大別すると2つあります。

  • テニスメーカー
  • シューズメーカー

この2つの違いを見ていきましょう。

テニスメーカー

テニス用品全般を作っているメーカー。YONEX、プリンス、ウイルソン、バボラなど。さらにタイヤメーカーであるブリジストンダンロップもシューズを作っています。

ラケットやバッグなどに合わせやすく、テニスシューズらしいシューズを作るのが特徴です。

ヨネックス(YONEX)

シューズの種類が多く、デザインも豊富。ウェアと合わせることも用意なので、人気のあるメーカーです。

プリンス

バボラ

ブリジストン

ダンロップ

シューズメーカー

アシックスやナイキ、アディダスニューバランスなど、様々なスポーツシューズを作っている総合スポーツメーカー。ウェアなどに合わせやすいですね。

有名な選手はシューズメーカーのシューズを履いていることが多いかもしれません。これは商品提供契約(サプライヤー契約)をしているからでしょう。

アシックス

グリップ力がワンランク上の印象。シューズメーカーらしく、性能は一枚も二枚も高い。課題はデザインか。

ナイキ

人気があり履いている人も多い。性能も良い。ただし、人気がある分値段はちょっと高い。

アディダス

プロの人気のある選手が履いていることも多い。個人的にデザインが好き。

ニューバランス

名前に引きづられているかもしれないが、バランスの良いシューズというイメージ。値段もそれほど高く無い。幅広のシューズが多い印象も。

サイズの決め方

夕方に試し履きする

朝と夕方では0.5cm前後サイズが変わってきます。昼間は立っていることが多く、水分が足にたまりむくんでくるからです。出来るだけ夕方に履いてみることにしましょう。

テニスソックスを履く

実際にプレーをするときの状態と同じにした方がよいです。テニスソックスは厚手のものもあり、普段のソックスと感触も違います。テニスソックスを履いて、シューズのサイズ感を確かめましょう。

かかとを合わせる

つま先よりも、かかとに合わせて選びましょう。紐を結ぶ際も、かかとに合わせた状態で結びます。これは、テニスシューズがかかとに合わせることを基準として設計されているからです。

キッズ・ジュニア・レディース・メンズ、それぞれにおすすめのシューズはコレだ!

準備中。

テニスシューズを格安で手に入れるには?楽天Amazonの料金比較!

準備中。