読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスシューズの選び方とおすすめ

人気モデル、おすすめのシューズなど、テニスシューズの選び方を解説します。

おすすめのバッシュと選び方/バスケットボールシューズの買い方

これからバスケットボールを始める方へ。まず、バスケ始めるにあたってまず欲しい道具はバスケットボールシューズだと思う。しかし、初めてだからこんな悩みを持つだろう。

・何を選んでいいかわからない ・デザインだけで決めていいのか ・あんまり高いシューズは買えない

そんな悩みに答えるべく、「バスケットボールシューズの選び方」をまとめてみた。これからバッシュを買おうとしている方は、参考にして欲しい。

メーカーはナイキ・アシックス・ミズノ・アディダス

バッシュのメーカーは「ナイキ」や「アシックス」「ミズノ」「アディダス」、まず検討すべきはこの4メーカーだ。

実はメーカー自体はそれほど重要ではない。「ナイキしか履かない」みたいなプレイヤーもいるが、最初から選択肢に入れないのは機会損失していると考えるべきだろう。

メーカーにより確かに傾向はある。しかし、メーカーのこだわりを持つよりも自分に合っているかを1番に考えたほうがよい。ここまでを前提とした上で、メーカー毎の特徴を見てみる。

ナイキ

デザインがカッコよく、種類も豊富。もちろん機能性も優れている。まず検討するのはナイキという人も多いだろう。

アシックス(asics

種類豊富でシューズメーカーならではの安心がある。幅広甲高と言われる日本人の足にピッタリくるものアシックスであることが多い。

伝統的なデザインのものが多い。バスケにしっかり取り組みたいという人は選んでみるといいかもしれない。

ミズノ(MIZUNO)

全体的にスラッとしたデザイン。日本メーカーだが、幅広甲高の日本人の足に合わせにくい印象がある。

アディダス

アディダスの信奉者も多い。やはデザイン性に優れていることが一因だろう。ジャージやスウェットなども高性能であるため、全身をアディダスで固めるプレイヤーもいる。

グリップや衝撃吸収性と頑丈さ

シューズは外側の底面(アウトソール)と内側の底面(インソール)、そしてアッパー(底面以外)でできている。

グリップはアウトソールに、衝撃吸収性はアウトソールとインソールに、頑丈さはアッパーを中心に全ての部位で決まっている。どれを重視するかは、その部位の素材や感触で選んでみるといいだろう。

シューズそのものの品質として基準はいろいろありますが、正直なところあまり差はないというのが結論です。厳密にはあるのかも知れないけど、気にするほどには差がない。

どのシューズでもグリップが効くし、通気性や耐久性も優れている、滑ったり蒸れたり、壊れることもまず無い。

となると、ぱっと見で気に入ったシューズが選ぶべきシューズ。単純に言えばデザイン。長く使うものなので、第1印象を大事にした方がいいだろう。

とはいっても、あくまでも自分の足にフィットすることが前提。甲がすれるとかつま先がキツイとかは問題外。シューズのせいでパフォーマンスが落ちていては勿体無いことこの上ない。

実際に履いてみて、自分の足にピタっとくるかを確かめてみよう。

試し履きのときに走ったり跳んだり、しゃがんだりしてみることも必須だ。もちろんお店の中で走るのはNGだが。

そういった意味では、店舗で買うよりもAmazonで買ったほうがいいのかもしれない。Amazonなら開封後も返品可能だからだ。

手入れの方法

最後にシューズのお手入れの方法を。

水洗いは不要。バシャバシャと洗うのは靴を痛める原因。どうしても汚れや匂いが気になる場合は、色落ちや縮みなどを覚悟すべき。

匂いを気にしてファブリーズなどを吹きかける人をたまに見かけるが、基本的にはダメだ。湿気がたまるのに加えて、素材を痛める可能性がある。

シューズの手入れは柔らかい布で汚れを拭き取る程度でよい。汚れがヒドイ場合はブラシでこすり落とす。ツヤ出しをしたい方は、専用のクリーナーで磨く。それ以上の手入れは不要だ。

バスケットボールのシューズで最も大事な部分は「底面」。底面がすり減ってグリップが利かなくなると、反応もジャンプ力も落ちる。底面がすり減ってしまうまでにシューズを買い換える必要があるだろう。使い方や頻度にもよるが、1年以上使ったら買い替えを検討しながら使うほうがいいだろう。

また、シューズが滑る原因は底面の問題もある。小さな汚れがこびり付いていることが原因であれば、手入れをすることで滑らなくなる。台所用の洗剤などを薄めてタオルに付けて拭くと、細かい汚れがキレイになることも。あまりオススメはしないが。

紐は擦り切れる前に絶対に買い換えなければならない。試合中に紐が切れるとその後のプレーができないだけではなく、紐が切れた拍子に靴が脱げて、他のプレイヤーに当たって怪我をさせる恐れもある。

紐の色を変えるとシューズの雰囲気もかわるから、私は紐をよく変えている。飽きっぽいプレイヤーにもオススメだ。